大阪の人間ドックや健康診断の検索&予約 |PET特集 人間ドック 大阪

人間ドック・脳ドック・乳がん検診・子宮がん検診など各種がん検診の受診予約・検索は「ドックタウン」で24時間受付可能です

TOP > PET検査特集

一度に全身をしっかり検査。PET検査に行こう

PET(ペット)検査というがん検査をご存知でしょうか?

皆さんはPET検査(ペットけんさ)というがん検査をご存知でしょうか?
「PET」とはポジトロン・エミッション・トモグラフィー
(PositronEmission Tomography、陽電子放射断層撮影)の略で、
がん細胞の食事であるブドウ糖に似た検査薬「FDG」を
がん細胞に取り込ませることで、がんを発見する検査です。

がん細胞に目印をつけることによってがんを早期発見できる

細胞の増殖過程

通常、がんはがん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見が困難ですが、FDGによって「がん細胞に目印をつける」ことで、より早期の発見が可能となりました。

またPET検査はがんのみでなく、難治性てんかんや虚血性心疾患などの診察にも用いられています。

一度の検査で全身をしっかりスクリーニング

PET検査での得意・不得意

PET検査の最大の特徴は、1回の検査でほぼ全身を調べることができる点です。画像検査にはPET以外にもCTやMRI、超音波検査などがありますが、通常これらの検査は、がんが予想される臓器や部位ごとに、的を絞って行われています。
しかし、実際がんはどこに出来るかわかりませんし、予想外の場所に転移することもありえます。全身を一度にスクリーニングできるPET検査は、再発・転移を繰り返しかねないがんに大変有効です。

CTやMRIなど、他の検査と組み合わせることで精度がUPする!

一方で、ブドウ糖に似たFDGを用いるため、もともとブドウ糖が集まりやすい胃や腎臓、膀胱などの部位にがんができても、発見は難しいのが現状です。

がん細胞の発見の仕組み

またCTやMRIと比べると臓器の形が不鮮明で、がんの病巣が発見された場合、その正確な位置や形、大きさ
が掴みづらいという欠点もあります。
多くの場合、このPET検査の不得意な部分を補うため、CTやMRIなど、他の検査と組み合わせることで、検査の精度を向上させています。特にPETとCTを組み合わせたPET/CT検査装置が主流になりつつあります。この検査装置によって、受診者の負担が軽減されるだけでなく、PETの画像とCTの画像を精緻に重ね合わせることで、より正確な診断が可能となりました。

PET検査の強み

  • より早期の発見が可能です。
  • 良・悪性の区別や、進行度合いが推定できます。
  • がん転移の判定が可能です。
    一度に全身を撮影して調べられるので、がんの広がり方を把握することに役立ちます。
  • 痛みや負担も少なく、短時間で検査が可能です。
    最初に検査薬を体内に投入(注射など)し、あとは横になっているだけで全身のスクリーニングが可能です。準備から最後まで3時間程度で終わります。
  • 女性特有の検査も、負担が少ない検査法です。
    着衣による検査のため、乳がんや子宮がんなどの検査に伴うような、精神的負担が少なく済みます。

PET検査の弱み

  • 胃や食道などの消化器官粘膜に発生するごく早期のがん
  • 糖を必要としないがん細胞
  • 炎症を起こしている部位
    FDGが集まりやすいため、がんと判別が紛らわしいことがあります。
  • 正常でもFDGが集まる臓器:泌尿器科系・脳・心臓・肝臓
  • 肝細胞がん、胆道がん、白血病など
  • 一部の肺がん、甲状腺がん、胃がん
  • 糖尿病の方
    血糖値が150~200mg/dlを超えている方は診断が難しいとされています。

PET検査って安全なの?

(日本アイソトープ協会のホームページより)
PET検査で被曝する2.2mSvという量は、急性の放射線障害が起こる可能性はいっさいありません。また、将来のがんの発生の可能性もほとんど無いといえます。国際放射線防護委員会によれば2.2mSvの被曝によって10,000人に1人が、将来がんで死亡する可能性があるとされています。これは、どんなに少ない放射線でもがんが発生する可能性があるという仮説に基づいて推定された確率ですが、実際にはこの線量で発がんが確認された例はありません。結論としては、この程度の被曝ではほとんど心配ないということになります。

検査による放射能量の目安

*一般には放射線被曝はできるだけ少なくするのが原則的な考え方です。しかし、医療の場合には、診療の結果、患者さん様の受ける利益が、放射線被曝による害を上回ると医師が判断した場合には、特定の被曝限度を設けなくてよいことになっています。

PET検査の大まかな流れ

PET/CT検査の流れは以下のとおりです。検査薬投与から検査終了までの所要時間は2~3 時間ほどです。

絶食から検査薬FDGの投与

待機から検査終了

  • 絶食(検査前日から激しい運動や飲酒、検査開始4,5時間前よりカロリー・糖分を含む飲食物の摂取を控えてください)
  • 更衣・説明
  • 問診・採血
  • 検査薬FDGの投与
  • (検査薬が全身に行き渡るまで、1時間ほど安静にします。)
  • 排尿(下腹部の検査がより正確になります。)
  • 撮影(30分ほど安静状態で撮影を行います。)
  • 待機(30分ほど休憩します。必要に応じて、再度撮影を行う場合があります。)
  • 検査終了

検査機器

検査の流れは医療機関によって異なる場合がありますので、受診される際には必ず医療機関の指示に従うようにお願いいたします。
※以下にあてはまる方はご注意ください。

  • ・妊婦あるいは妊娠の可能性のある方
  • ・授乳婦の方
  • ・糖尿病の方
  • ・体内に金属やペースメーカーがある方
  • ・内視鏡検査やバリウムを用いるX線透視検査を受けた方

は、検査が受けられない場合がありますので、医師の指示を受けてください。
※検査終了後も微量の放射線が体内に残るため、検査当日は授乳や乳幼児・妊婦との緊密な接触を避けるようご注意ください。また、投与された検査薬は尿とともに排出されますので、お手洗い後の手洗いを心がけてください。

施設案内

関西医科大学
天満橋総合クリニック

hosp01

  • 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル3F
  • 診療時間:(総合外来)【午前】9:30~12:30 【午後】14:00~16:00
  • 休診日:日曜日・祝日
  • 京阪、又は地下鉄谷町線 天満橋駅より徒歩2分
施設の特徴

人間ドックを受けている方などは一度PET検査をお勧めいたします。初めての方は、おすすめコースのPET-CT検査単独のコースです。

おすすめコース

医療法人 康仁会 西の京病院
メディカルプラザ薬師西の京

メディカルプラザ薬師西の京

  • 奈良県奈良市七条町95-1
  • 診療時間: 8:00~17:00
  • 休診日:木曜日・日曜・祝日・年末年始
  • 近鉄橿原線 西ノ京駅より徒歩10分
    ※無料送迎バスあり:近鉄大和西大寺駅・近鉄西ノ京駅・JR郡山駅・近鉄郡山駅(西友前ロータリー)
施設の特徴

PET検査(頭部~大腿部)のみを行う約2時間のコースです。特に初めてPET検査を受けたい方や、人間ドックや脳ドックを受診しており、PETのみを希望という方におすすめです。

おすすめコース

▲このページのトップへ

Copyright © 株式会社 i-MR All rights reserved.