大阪の人間ドックや健康診断の検索&予約 | ドクターズインタビュー 人間ドック 大阪

人間ドック・脳ドック・乳がん検診・子宮がん検診など各種がん検診の受診予約・検索は「ドックタウン」で24時間受付可能です

TOP > ドクターズインタビュー Vol.11 院長 林泰志 氏「内視鏡検査の重要性」

内視鏡検査の重要性

痛くない、怖くない、苦しくない内視鏡検査

内視鏡検査の重要性を語る林医師 内視鏡検査の重要性を語る林医師

―― 病巣を早期に発見する大切さ
消化器系の内視鏡検査で見つけられる病気の中で、特に重要なのはガンやポリープです。いずれも放置しておくと重大な事態になりやすいことはよく知られている通りですが、早期に発見すればそこまで恐れる必要のない病気でもあります。 どんな病気でも早期の段階だと病巣が小さいので発見は難しいものですが、早期に発見すれば怖くない病気を、本当に早期発見するための技術というのは、人間ドックの性能を決める重要な要素だと思います。
―― "直接見る"ということ
病気を見つけるための検査にはいろいろな方法がありますが、やはり何といっても直接見るのが一番だというのは言うまでもありません。百聞は一見にしかずという言葉の意味とは少し違うかも知れませんが、血液検査で分かる数値などの"状況証拠"を積み重ねるよりも、"現場"を調べるのが一番だということで、内視鏡検査の技術を病気の早期発見に役立てたいと考えています。

早期発見のためには、状況証拠よりも現場

専門医が行えば内視鏡検査は苦しくありません 専門医が行えば内視鏡検査は苦しくありません

―― 非常に有効な検査ですが
病気の発見にとても有効な内視鏡検査ですが、多くの方々は「痛い」「怖い」「苦しい」という印象をお持ちです。実際にそういう体験をされた方もおられると思いますので、これは仕方ないことだと思います。しかし、痛そうだから、怖いからといって検査を受けないのは私たち専門医から見ると最もリスクが高く、そのほうがよっぽど怖いと感じます。 熟練した技術を持つ専門医であれば「痛さ」や「苦しさ」を感じること無く内視鏡検査を終えることも可能です。
―― ぜひ一度受けてほしい
受けたほうがいいと思いつつも、仕事が忙しくてなかなか…という方はとても多く、平日に休みが取りにくいという方のために、土日でも受けられる体制を整えました。
当院では、「痛そうだから」「怖いから」「苦しそうだから」という方のために、苦痛の少ない内視鏡検査を実施しています。

林 泰志医師 プロフィール

林 泰志医師

  • 平成7年3月 和歌山県立医科大学卒業
  • 平成7年4月 岸和田徳洲会病院入職
  • 平成12年9月 帯広第一病院入職 / 内科部長 医局長歴任
  • 平成14年4月 大阪愛心会 弘生会病院 院長就任
  • 平成21年8月 西宮ファミリークリニック開院
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

西宮ファミリークリニックの情報

病院外観

西宮ファミリークリニックの情報

所在地
兵庫県西宮市門戸荘9-16
休診日
なし(日曜日も午前中は診療しています)
アクセス
阪急「門戸厄神」駅より徒歩1分

料金・検査コースを詳しく見る

▲このページのトップへ

Copyright © 株式会社 i-MR All rights reserved.