大阪の人間ドックや健康診断の検索&予約 | ドクターズインタビュー 人間ドック 大阪

人間ドック・脳ドック・乳がん検診・子宮がん検診など各種がん検診の受診予約・検索は「ドックタウン」で24時間受付可能です

TOP > ドクターズインタビュー Vol.3 医師 小橋二郎 氏「脳ドックで分かる全身のこと」

脳ドックで分かる全身のこと

医療と社会のために、私たちにできること

医療について語る小橋医師 医療に対する想いを語る小橋医師

―― 小橋先生の考える医療の使命
人の健康をめぐる環境は常に変化しています。不治の病とされてきた病気を治せるようになる一方で、これまであまり注目されていなかった病気に悩む人が増えたり。医療には、こうした変化に常に適応して一人でも多くの人を健康にする命があります。 富永病院では。ニーズが高まっている脳ドックの設備を揃え、医師やスタッフの技術を研鑽し、常に高いレベルで皆さまのご期待にお応えできる態勢を整えております。
―― 脳の役割とは
人間にとって脳は非常に重要な部位です。脳がなければ生命を維持できないのはもちろんのこと、わずかな損傷や病気でも全身の機能に障害が出てしまうこともあります。脳は常に人間の全身とリンクしているのです。 その証拠に、脳梗塞の原因は動脈硬化、そして動脈硬化の原因は糖尿病や高血圧、高脂血症など、いわゆるメタボリックシンドロームが深く関係しています。これらは生活習慣病と呼ばれますが、脳にも様々な問題を引き起こすことはよく知られている通りです。

医療と社会のために、私たちにできること

医療について語る小橋医師 脳ドックについて、非常にわかりやすく教えて頂きました。

―― どのような方が脳ドックを受診されるのか
頭痛や目眩(めまい)など、何か頭に不調を感じてお越しになる方もおられますが、脳ドックを受診される大半は健康な方です。今は健康であると自覚されていても、わずかな病気の兆候があるかも知れない、脳に何か将来に起こり得るリスクが潜んでいるかも知れない…そんな「かも知れない」を調べたいという方々です。
―― 脳ドックでわかること
脳ドックの結果を見てもすぐに治療を必要とするような問題が見つからない場合のほうが大半です。しかし、それはあくまでも現段階での話です。 脳ドックによって将来に考えられる健康上のリスクなどが分かった場合は、それを丁寧にご説明いたします。中には生活習慣によってリスクが高まるものも多いので、まだ病気と言えるほどの状態ではない今のうちに改善できる点は改善をして、将来のリスクをゼロに近づけていくことが可能になるのです。

医療と社会のために、私たちにできること

―― 社会の為にできること
医療と社会のために、私たちができることはまだまだあるはずです。これからも「頭のスペシャリスト」として、脳ドックを通じて一人でも多くの皆さまの健康に貢献してまいります。

小橋 二郎医師 プロフィール

小橋 二郎医師

  • 1980年 大阪医科大学 卒業
  • 2006年 富永病院 勤務開始
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医

日本脳神経外科学会専門医や日本脳卒中学会専門医の資格を取得した脳のスペシャリスト。幅広い視野と、卓越した知識で病気の発見に努めている。

医療法人 寿会 富永病院の情報

病院外観

医療法人 寿会 富永病院の情報

所在地
大阪府大阪市浪速区湊町1-4-48
診療時間
月曜日~土曜日◆午前9時~午後5時
休診日
日曜日・祝日
アクセス
JR大阪環状線 なんば駅より徒歩5分

料金・検査コースを詳しく見る

▲このページのトップへ

Copyright © 株式会社 i-MR All rights reserved.